037 カンチェンジュンガへ(2011年春)

2011.5.4 ミルギン・ラ往復

今回の旅での最後の最後の登りである。岩がごろごろと歩き辛い。1時間も歩くと後方にジャヌ-の頂が見えてきた。
このあたりから時々雪の中を歩くようになる。少し緩んだ状態でツボ足で充分歩くことができる。
最後は完全に雪に覆われた斜面を登り切って小さなピ-クに立つ。ミルギン・ラはもう少し先のようであるが、ここの方がロケ-ションがいい様である。
ジャヌ-の周りには雲がまとわりついているが全容を見ることができる。青空でないのが残念であるが、充分に満足のいくものである。ここからは残念ながらカンチェンを望むことはできない。が、360度の展望を堪能。
下山を始める頃にはジャヌ-は雲で隠れ始めていた。